青汁で体質改善

青汁で体質改善

私は、昔から冷え性に悩んでいました。冬場は靴下を穿かなければ眠れません。しっかりコートを着て、マフラーを巻いて、手袋をして、毛糸の帽子を被って、あたたかい起毛性のブーツを履いて、保温性の高い下着を付けていても、冬のディズニーランドに一日いると、私だけ寒くて気分が悪くなってしまいました。夏場もちょっと冷房の強い部屋に入ると寒くて寒くて、腹巻が必須でした。
冷え性のせいか、季節の変わり目にはかならず風邪を引いたし、常に便秘気味で肌が荒れ気味でした。生理痛も酷かったです。

 

そして、そこまで偏食ではありませんでしたが、一人暮らしと仕事の忙しさで食生活も乱れがちでした。もっと栄養バランスを摂らなければと分かっているのですが、コンビニの菓子パンとコロッケで夕飯を済ませてしまうことも多かったです。
二十代はそれでもよかったのですが、三十代になり、代謝が落ちたせいか、体のラインが崩れてきて、ジワジワと体重が増えてきました。そして、職場に新しく配属された上司がとても太っているせいか、冷房をとても低く設定しました。夏場なのに、室温が20度です。外との落差でとても身体がきつかったです。

 

このままじゃいけない、体質改善をしよう。でも面倒なのは嫌だと思い、ネット検索してでてきたのは青汁でした。野菜が不足気味の私にはぴったりだとおもいました。
青汁というと、不味いというイメージが某CMでしみついていましたが、私が選んだものはとても美味しいとは言えませんでしたが、飲みやすかったです。鮮やかな緑色はなんだか効果が期待できそうでワクワクしました。飲み始めて三日目にお通じがあって、お腹がとてもすっきりとして、気分が良くなりました。その後も、便秘ってなんだっけ?みたいな日々です。身体の老廃物が出たせいか、肌荒れも収まってきました。悩んでいた背中ニキビが目立たなくなったのはとても嬉しかったです。

 

冷え性の改善はすぐに実感はできませんが、仕事が終わった後の疲れ方が青汁を飲む前よりも軽くなっているような気がします。何より、生理痛が軽くなりました。鎮痛剤の量が以前の三分の一の量で済むようになりました。
青汁は朝一番に飲んでいます。朝、青汁を飲むと、今日の栄養は摂ったと思えるので、忙しくても、いい加減な食事内容でも、まぁいいかと思え、ちゃんとしてないことにストレスを感じにくくなりました。もちろん、バランスの良い食生活を送るべきなのでしょうけれど。

 

青汁の悩みは冬場、飲みにくそうだなということです。温めたら流石に、においがきになりそうです。
参考→野菜不足なあなたのための青汁入門